記事作成・ライティング代行の失敗を避けるコンテンツマーケティング会社の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

契約
コンテンツマーケティングとは、自分たちのサービスに関連する情報をインターネットに配信することで、見込み客を育成して、顧客を獲得するためのマーケティングです。
リスティング広告や、Facebook 広告などと比較すると、成果がでるまでに時間を要するマーケティング手法です。

関連
コンテンツマーケティングとは?定義、歴史、実施方法のまとめ

コンテンツマーケティングは始めるのは簡単なのですが、継続するのがとても大変です。
しかも継続しないと効果がでません。

記事執筆、コンテンツ制作を安定して行うために、部分的に外部の代行業者を活用して進めている会社が多いです。

この記事では、どのような点に着目して、記事作成、コンテンツマーケティングなどを代行してくれる会社を選ぶとよいかを説明しています。

記事を作成してから顧客獲得までのつながりがわかりにくいため、一昔前のSEO の業者のように「コンテンツをつくるだけ」「やりっぱなし」のライティング代行の業者が多いです。
文字数を稼ぐだけの中身のない記事をいくら大量に量産しても、顧客獲得にはつながらないです。

作成された記事が、アクセスにつながったのか、見込み客にリーチしたのか、顧客の獲得につながったのかをきちんと効果測定する必要があります。
この記事では、わずかなお金でも無駄にならないようにコンテンツマーケティングを代行してくれる会社の選び方について説明します。

料金だけで比較してはダメです

チェックリスト

料金が安い会社に発注しても、1文字あたり0.2円~1円などで発注できるクラウドソーシングなどに丸投げされるケースがほとんどです。
社内で一度もチェックしないで納品している会社も多く、ほかのサイトのコピペだったり、日本語として意味が分からない文章などが納品されてくることもあります。

修正しないと公開できない状態で納品されてきてしまうと、外注して任せたはずが時間の節約になりません。

品質の高い記事を書くためには、文章力だけではなく、記事のテーマに即した十分な知識や経験をもっていることが前提になります。
記事の制作において料金だけで会社を選ぶと、作成後の校正作業や事実確認などの時間が必要になります。

クラウドソーシングでも良質な記事が納品されることもありますが、検索エンジンに配慮した構成になっていることは稀です。
継続して案件を依頼する場合には、きちんとしたSEOを意識した執筆ができるライターに記事を書いてもらう方が、費用対効果は高くなります。

記事の品質とは別に、ウェブマーケティングの知識を持っている人が文章を確認する体制であるかどうかも重要なポイントです。
コンテンツマーケティングや記事作成の代行業者を選定する際には、料金や文章の品質だけではなく、マーケティングのスキルについても確認してください。

思わずクリックしたくなるような魅力的なタイトル、読みやすくするための見出しなどをつけられているか、SEOの基礎を抑えた内容にできているかなどをチェックします。

どんなコストがかかるかは以下の記事をあわせて参照してください。
コンテンツマーケティング・記事制作にかかるコストまとめ

Webマーケティングの実績が十分にあるか

Webマーケティング

コンテンツマーケティングは、読み手にとって良質な記事を書くだけでは不十分です。どんなに良い記事でも、読まれない事には意味がありません。

記事を読んでもらうためには、検索エンジンからきちんと評価されて、見込み客の獲得につながるキーワードで検索された際に、サイト・記事が検索エンジンの上位に表示される必要があります。

検索の上位に表示されるためには、記事のテーマに関連したキーワードを文章に盛り込み、きちんと評価される構成になっている必要があります。
あなたの会社のお客様が求めているキーワードは何かをリスティング広告やアクセス解析のデータから調査して、そのキーワードで検索してくる人が求めている情報を盛り込んだ文章を書くとページの評価が高まります。

検索エンジンで上位に表示させる施策をSEOといいますが、SEOを意識した文章の作成にはコツが必要です。

さらに、記事を書いたあとには、その記事経由でどれくらいアクセスが増えたかを分析して、次の記事執筆に活かすと良いサイクルがまわります。
Googleアナリティクスなどの無料で使えるアクセス解析のソフトがありますので、そのデータを見ながら、次はどのような記事を書くべきかを一緒に検討できる代行会社が理想的です。

このように、SEO対策・リスティング広告・アクセス解析などのWebマーケティングの実績が豊富な会社のほうがよい結果を出してくれるでしょう。

また、どのようにキーワードを洗い出しているかを聞いてみれば、どれくらい調査をしてくれるのかがわかります。

最初の打ち合わせや事前の説明で、調査の方法をまったく教えてくれないという会社は避けたほうが無難です。

事前のヒアリングと記事の効果測定はきちんとやってもらえそうか

分析

事前のヒアリングの段階で、きちんとした対応をしてもらえない業者は論外ですが、ヒアリングの内容が不十分だと見込んだ成果を出すことが難しくなります。
アクセス解析を確認してもらって、どのような記事を書くべきかのアドバイスを事前にしてくれる会社であることが理想です。

コンテンツ制作で継続して成果を出すためには、納品した記事の効果測定をきちんとする必要があります。
効果測定まではしてくれない会社が多いですが、記事の成果を測定してPDCA のサイクルを定着させるのが、見込み客の育成や顧客の獲得の効果を最大化させることにつながります。

レポートを作成するには別途作業工数や費用がかかるわけで、それをサービスと提供していない記事を納品して終わりの代行会社が必ず品質が悪いわけではないです。
ただ、もし発注先の業者がレポート作成に対応してくれない場合には、外注する前に自分たちでどう結果を分析して判断するのかは決めておいたほうがよいでしょう。

もし効果測定まで関与してくれる会社があれば、サンプルのレポートをもらって、必要な要素が含まれているかを確認してみてください。

また、事前に大きな結果を保証してくるような会社は怪しいので避けたほうが無難です。
Googleが順位を決める仕組みをいつどのように変更してくるかが誰にもわからない以上、SEOの結果は保証できるものではないためです。

結果を約束してくれて実際に達成しなかったら返金などの対応をしてくれるという契約までできるならまだしも、
そうでない場合は、どのような結果になるかわからないが過去のデータではこうだったという説明をしている会社のほうが誠実です。

制作会社のオウンドメディアはきちんと運用されているか

メディア運営

業者を選定する際に、もっともよい判断基準になるのが、その会社のブログやメディアがきちんと運用されているかどうかです。
会社ブログなどのオウンドメディアや、ソーシャルメディアをまったく運用していない会社には代行しないほうがよいでしょう。

また、その会社のメディアの更新の頻度が低かったり、コンテンツの中身に問題があると、コンテンツ制作を依頼した場合にも同じ問題が発生すると考えてよいでしょう。

コンテンツマーケティングの会社にとって、自社メディアはクライアントのサイトと比較すると優先順位が低くなるケースがほとんどです。
優先順位が低い中でも、定期的に良質な記事を配信している会社は頼りになります。

サイト、ブログ、オウンドメディアで利用されているCMS(コンテンツ更新のためのシステム)や、サーバのレスポンスなども事前に分かると参考になります。
検索エンジン対策はマーケティングだけではなく、システムやサーバなどの理解も必要となります。インフラや開発への造詣がある業者の方が、より信頼できます。

コンテンツの内容と共に重要なのが更新の頻度です。
コンテンツの品質が同じくらいなら、更新頻度が高いサイトの方が評価されます。
検討している業者が、自社のオウンドメディアを更新する体制を整えて、きちんとフローを回しているかどうかを事前に確認してください。

まとめ お金を無駄にしないために

無駄

ひとくちにコンテンツマーケティングといっても、SEOの会社が業務の延長でやっている、編集プロダクションが開始した、何も実績がない会社がはじめてクラウドソーシングなどに丸投げしているだけなど様々なパターンがあります。

コンテンツの制作メインでやっている業者でも「見込み客の育成」「顧客の獲得」という本来の目的を度外視して、ただたくさんコンテンツを作るという提案をされるケースもありますので、代行会社の選定には注意が必要です。

お金を無駄にしないためには、その業者がどのくらい本気でコンテンツマーケティングに力を入れているかを見極める必要があります。

もっともよい方法は、その会社のブログやオウンドメディアを確認して、きちんと更新されているか、内容が充実しているかを見極めることです。

更新が途切れがちだったり、ありきたりな内容ばかりで、読み応えがない文章が掲載されているようなら、その会社に編集やライティングの業務を代行してもらうのは避けた方がよいです。

見込み客を育てることを「リードナーチャリング」とよびます。リードナーチャリングを成功させるためには、コンテンツの成果を継続的に検証して、やりっぱなしにしないことが何よりも大切です。
リードナーチャリングは場当たり的な施策では成功しないため、重要な指標を見据えて、PDCA のサイクルを運用するためのアドバイスをきちんともらえる業者が理想です。

自分たちのお客様のことをどれくらい本気で考えてくれるのかを、常に念頭に入れながら、代行会社を選定してみてください。

サイトエンジンでは、記事作成代行のサービスを提供しています。ウェブマーケティングの知識が豊富なメンバーが目的にあった記事の企画編集やライターの管理を代行します。
記事作成や編集・校正の代行サービスの詳細

■関連記事
後悔しないSEO業者を選ぶための7つのチェックポイント

記事作成の無料お見積り依頼、ご相談はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。