Web&モバイルマーケティングEXPOに出展していたCMSサービス紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kaizyou

Web&モバイルマーケティングEXPO

東京ビックサイトでのWeb&モバイルマーケティングEXPO(Web-Mo)の参加レポート2つ目です。

今回は、CMSサービスを提供している出展企業について、教えていただいたサービスの特徴や値段をご紹介させていただきます。 多様なサービスを比較し、分類し、掲載します。

 

1.株式会社インフォネット(infoCMS)

infoCMS

 

2000年にウェブ制作会社として創業したinfoCMSは、単純にサイトの構築をするのではなく、顧客に成果を提供する事を第一に考えており、独自のプロジェックトとして「圧倒的な機能性」や「誰でも操作できる」ことを第一優先としています。活用方法としては、コポーレートサイト、IRサイト、ECサイトなどが挙げられます。グローバルサイトへの対応も可能で、ウェブページだけでなく管理ページにも対応ができる点は印象的です。管理画面が1つにまとめられ、管理をより簡単にできます。更に、他のCMSと違ってデザインに関する制限なしで従来のサイトを表現することができます。モジュールには個人が運営する場合標準モジュール、企業や団体になる場合プレミアムモジュールが適切です。プレミアムモジュールには広告バナー、IR、ECなどの機能があり、専門的なサイト運営に適しています。スマートフォンやモバイルオプションもあり、サイトの状況により追加することも可能です。BCPにも対応しており、震災などの被害によるリスクにも備えることができます。基本プランとしては初期料金が15万円と月額2万2千円、ビジネスエディションは初期料金が同じで月額が5万円になります。その他、目的によって月額料金が変わってきますので自分の目的に合わせてプランを選択する必要があります。

http://www.e-infonet.jp

 

2.株式会社サイズ(Web Meister)

マニュアルが必要ないほどの管理システムを目指し、メールを送る程度のスキルがあれば誰でも簡単に使えるのが長所です。WYSIWYG機能(実際の画像を確認しながらホームページの管理や修正ができる機能)やHTMLの知識がなくてもテーブルを挿入することなどができます。その他グループサイトや多言語サイトに対応し、インターフェースには日本語と英語を備えたユーザーごとの言語が選べます。そして複数の画面サイズのテンプレートを作成すれば、携帯、スマホ、PCのワンソースマルチデバイスサイトを構築でます。そして、FlashやAjaxのファイルデータをCMSで管理でき、自動生成ができるように設定することもできます。多くのファイルを管理する方はファイルアイコンの自動生成でリンクを設定するだけで、それぞれに合うアイコンが自動に生成されます。サーバの構築、管理、監視などが必要なASP型と、顧客のサーバ、DB、OSが必要なインストール型にわかれます。法政大学大学院グローバルサイトや国立音楽大学のサイトを制作した経験があるのでそちらを確認してみることもよいかもしれません。

http://www.web-meister.jp/

 

3.マイクロウェイブ(movabletype5)

ソーシャルメディアとの連携、WYSIWYGなどを組み合わせてサービスを提供し、リッチテキストエディタを使い多数のコンテンツを管理することができます。過去のサイトの形を取り戻すことも可能であり、より安全にサイトの管理が可能です。そして独自のコンテンツをカスタムフィールドを使い作成することもでき、プラグインによる機能拡張も可能で柔軟な運用ができます。機能によって有償、無償に分かれます。

http://www.micro-wave.net/

 

4.シフト(SITEMANAGE)

shift
>

 

柔軟なカスタマイズが可能なCMSで、プラグインは自社で開発する形になっています。使いやすいファイルマネージャー、ドラッグ&ドロップによる要素の並べ替えなど、直感的な操作が可能です。操作感が統一されている為、一個の操作を覚えれば他の機能も簡単に使いこなせます。プラグインは完全自社開発で、80個のプラグインのなかで自分が使いたい機能を選んで組み合わせればよいです。外部システムとの連携やデータベースのカスタマイズなど細かい作業にも対応しています。操作ログの取得やデータベースのバックアップ機能もあり、管理の間違いなど万が一の時に備えることが可能です。さらに、スマートフォンやタブレットからもコントロールパネルにアクセスできるので、外出先で突然の情報更新が必要になっても安心です。

http://www.shift-jp.net/

 

5.株式会社ウィナス

2万円でスマートフォンの機能まで入ったこのアプリでは、6つのテンプレートを用いたシンプルな管理が特徴です。ブログの管理ができる方であれば、このCMSを使えばより容易に管理ができます。スマートフォン機能の追加で課金される場合が多いですが、初期費用10万円、月額2万円で基本パッケージ機能が利用できます。しかし、独自ドメイン、オリジナルTOP10ページ制作、IPHONEのアプリ、アプリプッシュ配信、スマートフォン公式課金に関しては追加料金が必要ですので、自分に合う機能を選別する必要があります。

http://www.winas.jp/

 

 

最後に

いかがでしたか。

商品の料金は目安ですので、参考までにご覧下さい。

本ブログに社名を掲載させていただいている企業様へ

今回、EXPO出展企業様のCMSサービスに関する情報を、出展ブースでのご説明やパンフレット・貴社ホームページを参照して掲載させていただきました。記載情報の間違いや削除依頼など何か不都合な点がございましたら、お手数ですがinfo@siteengine.co.jpまでご連絡ください。早急に修正・削除の対応をさせていただきます。

すぐ実践できる外国人集客のノウハウを無料でお届け

外国人の集客方法やマーケティングで実践したことを参考情報としてメールでお届けします。ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、外国人の集客にお悩みなら今すぐご登録ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。