コピーライティングの上手な書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コピーライティング

情報化社会が進む現代において、商品の価値を人々に伝えたり、企業イメージを向上させていくためには、コピーライティングの力が必須になってきました。しかし一方で、その重要性には気付きながらも、どのようにコピーライティングを作り、活用していけば良いのかわからないという人も多いでしょう。今回は、コピーライティングの基本と、困った時の解決策に関して解説していきます。

コピーライティングとは?その目的は?

 コピーライティングとは、広告宣伝のための文章を書くことで、商品を購入させたり、企業イメージを持たせる際に使われます。新聞や雑誌の広告欄、テレビCM、ウェブサイトのバナー広告やDM(ダイレクトメール)で使われるケースが多いですね。

例えば何か商品があった時、人々はその性能を表す数値やデータを見ただけでそれを買おうという風にはなりません。これは書籍などで考えるとわかりやすいでしょう。あなたが本を買おうと思った時、「文字数が何文字以上のやつを買おう」「ページ数が何文字以下のやつは買わない」というような基準は使いませんよね。

その本の中身はどういったものなのか、そしてそれを読むことでどういった体験や感覚を得ることができるのか、そうした部分に興味を惹きつけられ、人は本を購入しようと初めて思うのです。

いわばキャッチコピーとは、この「中身は何なのか」「どういった体験を得ることができるのか」という内容部分を端的に表した文章と言えるでしょう。これは、先ほど紹介した本だけでなく、家具家電などの形のある商品、英会話教室やコンサルティングといった形のないサービスまで、幅広い分野で活用していくことができます。

ざっくりとした言い方をすれば「売り文句」のようなものなのですが、今のように技術が発達していなかった時代は、人々は直接商品を見せたり聞かせたりという作業が必要でしたが、今では誰でもスマホが一台あるだけで、ありとあらゆる情報を自分で調べられるようになっています。だからこそ、文章で人の心を惹きつけるコピーライティングの重要性がますます上がってきているのです。

コピーライティングの制作でつまずきがちな内容とその克服方法

 コピーライティングとは、商品やサービスの魅力を端的に表した「売り文句」である、ということはお伝えしましたが、いざ制作に取り掛かるとその難しさに驚くはずです。

多くの人がコピーライティングでやりがちな失敗として、「商品(サービス)の説明に従事してしまう」というものがあります。もちろん、その商品の性能を事細かに伝えることは大切ですし、自分たちが精魂込めて作ったものであれば、その部分をこそ知ってほしいと思うのは当然です。しかし果たして、購入者が知りたいところは本当にそこなのでしょうか?

「こんな難しい技術で作りました!」というのはあくまでも作り手側の都合であって、購入者にとっては関係のない事柄です。購入者が知りたいのは、突き詰めると「それを買うとどうなるの?」ということです。薬なんかを例に取るとわかりやすいでしょう。「○○成分が50%配合!」と謳うよりも、「頭痛が1時間で治る!」と言ってほしいものなのです。

コピーライティングを作る時は、作り手側の意図や思いは一旦無視して、購入者側の目線だけを考えるようにしましょう。その上で、商品やサービスを買う(買ってほしい)のはどんな人か、その人は現状どんな悩みや不満を抱えているのか、その悩みを解決するにはどうすれば良いのか、という順番で考えていくと良いでしょう。

掃除機一つとっても、吸引力に不満がある人に向けた「売り文句」と、重くて持ち運びがしにくいことに不満を持っている人に向けた「売り文句」が同じなわけがありません。購入者の悩みを深掘りし、その商品を買うことでどのように不満を解消できるのかを伝えられるようにすると、コピーライティングの制作も幾分かやりやすくなるはずです。

コピーライティングを継続的に行っていくために

コピーライティングの基礎やその考え方、そしてつまずきがちなポイントについて解説してきましたが、それらを十分に理解した上でいざ実践と思っても、なかなかうまくはいかないでしょう。この分野で専門的な技術を学んだり経験を積んでいる人でない限り、一筋縄ではいかないのがコピーライティングというものです。

しかし、コピーライティングというのは継続してこそ意味のあるものです。一度試してダメだったから、一度試して成功したから、というのは一過性のものでしかなく、コピーライティングを止めてしまった時点で、その効果は必ず現状よりは下がっていってしまうでしょう。

だからこそ、あえて自分たちのところで完結させてしまうのではなく、フリーのコピーライターを使ったり、外部制作会社などを利用する方法もおすすめです。自分たちで作る手間を省けるようになるのはもちろん、専門家に制作を任せれば、きっと期待以上の結果を出すことができるはずです。また継続して任せていけば、それだけ相手も商品やサービスに対する理解が高まり、また客層の好みや傾向に対する認識も深まっていくでしょう。そうなればますます効果的なコピーが書けるようになりますから、費用対効果もどんどん上昇していきます。

コピーライティングは外部に、かつ継続で。ということを軸に、信用に足る相手を探してみるのをおすすめします。

 

コピーライティングとは、商品やサービスの魅力を端的に伝え、購入者の心を動かす文章です。心を動かさなければいけないからこそ、売り手の視点ではなく、どこまでも買い手の視点に立つことが重要。その人が今抱えている不満や悩みを解決に導くためのワードを考えましょう。どうしてもコピーが浮かばないという時は、ライターや制作会社などの外部に依頼するのも正解です。経験豊富なプロに頼めば、きっと想像以上の結果を出すことができますよ。

記事作成の無料お見積り依頼、ご相談はこちら

SNSでもご購読できます。