SEOサービス7分類 それぞれの活用方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商談
最近まで日本のSEO業界では、主にリンクを貼って上位にする成功報酬型のモデルが主流でした。昨年のGoogleの大きな変化により、大量のリンクを貼るだけで上位にするという方法が効かなくなりつつありますので、今後SEO会社がどのようなサービスを提供するようになっていき、それぞれのサービスタイプについてどう活用するのがよいのか、導入時の注意点などをまとめてみました。

今後は基本インハウス(社内)でSEOを行い、部分的にコンサルティングやコンテンツ制作を依頼するようになっていくでしょう。なぜなら、被リンクからコンテンツに移行していくにあたり、社内のSEO担当者がコンテンツ制作に関与しない限り成功しないためです。

また関連性のないサイトからのバックリンクの評価が下がり続けることで、大量にサイトを保有している会社からの自作自演のリンクビルディングの意味がなくなりつつあるため、すべて任せて外注することによるコストメリットが薄れました。

以下の記事でもSEO会社の選び方を説明しています。
後悔しないSEO業者の選び方 7つのチェックポイント

1.サイト改善を中心としたSEOコンサルティング

サイトの使い勝手を改善しつつ、検索エンジンにとっても評価の高いサイトにするためのコンサルティングの業務です。
ホワイトハットSEOなどという見せ方で売っているSEO会社はこれを売っていることが多いです。

高度な知識や過去の事例などを持った外部の業者を使うことで、サイトの改善点を優先順位をつけつつ大量に出してもらうことができます。

発注側が自らサービスの改善ができることが前提のサービスです。またある程度規模の大きなサイトのほうが変更による影響範囲が大きく、すぐに結果に結びつきやすいので導入しやすいです。

一方で、これからサイトの企画、設計をするという場合でも最初に専門家に少しアドバイスをもらっておくと、あきらかに間違った設計をすることがなくなるのでおすすめです。サイト改善に終わりはありませんのでこれが正解というサイト構築の方法は特にありませんが、どんなサイトでもセオリーとして抑えておくべき内容や、避けておくべき方法は多数あります。

2.統計データを元にしたSEOコンサルティング

アクセス解析の流入元キーワードや、リスティング広告でコンバージョンが上がっているワードなど、さまざまな統計データを集計し、どのような内容のページを作成するべきか、どのページへの導線を強化するべきかといった内容を分析してくれるデータ分析を主軸としたSEO会社も増えてくるでしょう。高度な内容になるなので、発注側にも相応の知識が求められます。

SEOコンサルティング発注時の注意点

本質的でない方法や間違った方法を提案されてしまうこともありえますので業者選定は慎重に行いましょう。

・会社よりも担当者の実力、レベルが大切です。営業に来てもらってその場で用意しておいた質問をいくつかしてみて、まともな回答が返ってくるかでチェック出来ます。

・過去の実績を見せてもらいましょう

・どのようなアウトプットが出てくるのかイメージをつかむために事前に説明してもらい、できれば資料のサンプルを見せてもらいましょう

・提案してもらった修正内容を社内で実行できるリソースがあるのかを確認してください

3.コンテンツの企画制作

SEOのためだけでなく、サイトの閲覧者にとって役に立つコンテンツ作成を支援してくれる業者も増えていくでしょう。編集プロダクションのように、多数のライターを抱えて原稿を提供してくれるというものです。

まともなコンテンツを継続的にサイトに追加していくことで、自然とリンクが集まるようにするのが理想的です。業種によっては自然なリンクを集めることは期待できない場合もありますが、その場合にはできるだけ競争相手がいないキーワードに向けたコンテンツを作成することで、リンクがなくても上位になるようにしていきます。

きちんとサイトのテーマに関連しているコンテンツであれば、量を増やせば増やすほどアクセスが積み上がっていきます。

あと、コンテンツの質も大切な要素です。内容が薄いコンテンツを大量に作成して、ページ数だけを水増ししていくことは、効果がないばかりかマイナスになる可能性すらありますので、注意が必要です。
ではいったいどの程度のクオリティであれば問題ないのかという点についてですが、サイトのテーマに関連していて読む価値がある内容であれば問題ないと思います。競争相手がいないテーマであれば簡易的なものでも価値を出せるでしょうし、競争が激しいテーマであれば1つ1つのコンテンツに力を入れなくては他社のコンテンツに埋もれてしまいます。

よくない例としては、販売している商品やサービスと関係のない日記のような内容でひたすらブログを更新していく、何も情報を提供できないのに地域ごとのページをただ増やしていくといった方法があります。

コンテンツ企画制作を依頼するときの注意点

・コンテンツのクオリティと価格のバランス

・サイト内の既存のコンテンツと内容が重複しないようどうチェックするか

・対象とするキーワードをどのように決めてもらえるのか、ネタをどう探してくれるのか

・他サイトからのコピーのチェック体制

4.SEOツール

どのキーワードでSEOの効果が出ているのかを知るために、大量のキーワードの順位推移や流入数、コンバージョン数などのデータを追うといったツールを提供するベンダーです。
Googleアナリティクスのデータだけでは足りないという高度な分析を行いたい企業の方におすすめです。それなりにSEOの知識がある担当者が社内にいることが必須となります。
それなりに費用がかかりますので、大規模サイトでないと採算があわないです。

SEOツール導入時の注意点

・膨大なデータを本当に活用しきれるのか。Googleアナリティクス以上のデータが本当に必要なのか

・ツールを導入する価値があるほどサイトのトラフィック規模があるか

・データをどう活かすか導入前に決めておき、運用をしっかりと行う

5.サイト改善のためのシステム開発、サイト修正

サイト内のカテゴリ分類や、レコメンドによるページ間のリンクによる紐付けなどを自動で行ったり、サイト内クエリやアクセスの大きいページなどのデータに応じて、関連ページを収集したまとめページを生成するなど、ページの追加やサイト内リンクの設定を自動、もしくは半自動で行い、管理画面から管理できるようにするといったサーバーにインストールするタイプのシステムです。

既存のサイトにあわせて仕様を変更する必要があることも多く、導入に大きなコストがかかります。大規模なサイトに向いているサービスです。また、導入によってサイト内がどう変更され、どういったページができるのかを正確に把握しておかないと、質の低いページが量産されてドメイン全体の評価が下がってしまいかねませんので注意してください。

サイト改善システム開発・サイト修正導入時の注意点

・方法を誤るとスパムとみなされてしまう可能性があるため、どんなページやリンクが生成されるのかをきちんと認識して、不自然な内容にならないかを確認する

・導入によるサイトの改修で既存のページのトラフィックに影響がでないか

6.教育プログラム・トレーニングなどインハウスSEO支援

発注側が社内のSEOリテラシーを高めるために、専門の会社からノウハウを吸収する目的で使う教育プログラム、セミナーなどです。日本では今後インハウスSEOに取り組む事業者が増えるので伸びてくるジャンルでしょう。ウェブマーケティングについての基礎知識のある担当者が不足している企業にとっては、最初に基本をしっかりと学習し、組織としてどう継続的に学んでいくかというプロセスを構築するために、外部の力を借りるのは有効です。

何も知らない状態でいきなりサイト内部の改善やバックリンクの構築などを外部に委託しようとすれば、自社でPDCAサイクルを回すことができないまま、ただ外部に任せているという状態になりかねません。さらには、委託先の業者が正しい手法をとっているのかを判別できませんし、価格が妥当なのかもわからないまま発注することになってしまいます。社内にSEOのノウハウを蓄積していくためにも、基本的な部分に関してはサイトにかかわるすべての担当者が理解しておきたいものです。

SEOの教育プログラムを導入するときの注意点

・社内でSEOにリソースを割くべきというコンセンサスがとれているか

・その教育プログラムをもとにして業務フローを変える意思があるか

・Googleの公式ドキュメントや書籍などで代わりになるレベルの内容ではないか

7.サテライトサイトなどでのバックリンク構築

ホワイトハットのSEOを実施している人、推奨している人は完全に避けている分野かと思いますが、Googleが対策を進めているとはいえ、現状を見ればまだしばらくは専門の業者が価値を出す余地はある分野です。

なぜかというと、現状のビッグワードなどの検索結果を見ればわかりますが、まじめにコツコツとコンテンツ作成に取り組んだサイトが勝てるという環境ではまだないからです。
ドメインを捨てる覚悟でブラックハットSEOを実施していると思われるアフィリエイトサイトなどが大量に上位に表示されています。

上位表示の対象とするサイトのテーマにあわせて、きちんとしたコンテンツを作成し、それをサイトにしてリンクを掲載する必要がありますので、従来よりもコストが高くなっていきます。
どんどん採算があわなくなってきているといえるでしょう。

どこまでのリスクを取ってリンクを貼っていくのかも、より高度な判断が求められるようになります。

それにしたがって、保有バックリンクのテーマによって業者の住み分けがされるようになっていくでしょう。

たとえば不動産会社に強い業者、金融に強い業者、美容健康に強い業者など、SEO会社のうちでバックリンク構築をメインに行う会社は対象とするクライアントの業種別に細分化されていきます。

すべての業種、業界を対象としてバックリンク元となるまともなサイトを構築するのは、コスト感があわなくなってくるためです。

もちろん成果報酬でなく、クライアントから固定でフィーをもらいサテライトサイトを作るというサービスも増えてくるでしょう。

バックリンク構築サービスを発注するうえでの注意点

外部のSEO業者にバックリンクの構築を依頼するときには、以下について確認してください。

・すでに保有しているサイトを見せてもらう
・リンク後に掲載元のURLを開示してもらう
・依頼すればリンクをすぐに無料で外してくれるか
・どのようなリスクがあると考えており、どういった対策をとっているか。
・問題が顕在化したときにどのような対応をしてくれるのか

利用する目的としては、
・自社でサテライトサイトの作成を検討しているが、自社でやるよりも専門の会社に依頼したほうが早いし、安い
・リスクを認識しているが、リスクの範囲を自社で判断して、多少のリスクを取ってでも早く上げたい
・すでに関連したサイトを多数持っているところからリンクをもらいたい
などがあるでしょう。

リスクを理解していて、かつリンクを構築するための試行錯誤を繰り返してきて、どういったサテライトサイトをつくるべきなのかを発注側がわかっているときにのみ利用するようにしたほうがよいです。

最後に

インハウスでSEOに取り組んでみて、足りない部分を外注で補うようにするとよいと思います。
まずは社内でもっとも詳しい人を探し、その人に担当になってもらい、組織全体でどう取り組んでいくかの方針を決めてもらうのがよいでしょう。
特に知識のある人がいないという場合には、まずはGoogleの公式ドキュメントや数冊の本などを使って学習しつつ、それらの内容を自らサイトに反映させてどのような変化があらわれるかを試すところから始め、試行錯誤していく中で、どの部分を社内で行い、どの部分を外部に任せるかを判断していきましょう。

参考サイト

SEOのスキルセット/あるいはSEO業界へのお誘い by @tsuj

SEO SALARY GUIDE

この記事を書いた人

毛塚智彦
毛塚智彦代表取締役 社長
1985年生まれ。2007年早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。
学生時代の2004年にSEOの代理店でテレアポと営業のアルバイトを始めたところからウェブマーケティングの仕事に携わり続ける。
2008年サイトエンジン株式会社を設立。2010年にはタイに関連会社(ユニモン株式会社)を設立。東京とタイとインドネシアで事業を展開。

海外向けのSEO、リスティング広告のディレクション業務を行う。

すぐ実践できる外国人集客のノウハウを無料でお届け

外国人の集客方法やマーケティングで実践したことを参考情報としてメールでお届けします。ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、外国人の集客にお悩みなら今すぐご登録ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。