SEOのための競合サイトの継続的な調査と分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラック
自社のサイトの順位やインデックス数、リンク数といった情報だけでなく、競合サイトの状態もツールに入れるなどして継続的に計測して分析しましょう。

ライバルサイトの動向をつかんで自社サイトの改善に活かしましょう。

順位

自社で計測しているワードと同じワードと、競合サイトのトップページや主要カテゴリのページなどのtitleやmetaなどをチェックして力を入れてそうなワードを探して計測しましょう。

トップページなど主要なページへのリンクの数

「link:競合URL」で検索

競合サイトのトップページへのリンク数を定期的にチェックして、急に変化しているようならどういったサイトからのリンクが増えたのかを見ます。人為的に増やしているものなのか、それとも自然に集まっているのかといった点や、どういうサイトからリンクをもらっているのかといったところを見て、参考にしてください。
競合のサイトにリンクを掲載しているサイトに、メールなどでリンクを順番にお願いしていくという方法を実際に取っている事例を見たことがありますが、けっこう効果がある方法だと思います。

ドメイン全体へのリンクの数

「linkdomain:競合ドメイン」で検索

トップページへのリンク数だけでなく、ドメイン全体へのリンク数も見るようにしましょう。自然とリンクを集めることができているサイトほど、link:とlinkdomain:の数値に差が開いているものです。トップページに集中させてリンクを集めているサイトが有利なのか、それとも下層のページにもまんべんなく集めているほうが有利なのかといった傾向を見るために必要な数値です。

インデックス数

「site:競合URL」で検索
(特定のディレクトリだけ調べることもできます)

競合がどれくらいページを増やしたのかがわかる指標です。ECサイトにおける商品点数の増加、タグページなどの機能追加によって大幅に上昇することがあります。大きな変化が現れたときにはどういった変更が加えられたのかを競合サイトで確認しましょう。
アルゴリズムの変化を見るためにも参考になる指標です。特定の時期に似たようなサイトのインデックス数が大幅に増減した場合には、どういった要因が原因で変動したのかを推測しましょう。1ページあたりの文字数なのか、オリジナルのコンテンツの割合、リンクジュースの量などなど、さまざまな原因が考えられます。

Q&Aサイトのインデックス数の推移

例としてQ&Aサイトのデータを出しました。

同じ期間で旅行、不動産、求人などまったくジャンルの違う大手サイトを比較すると、一部のジャンルではインデックス数の変動はあまり見られませんでした。そこからQ&Aサイトに共通した要素が原因となってインデックス数が減っているのかもしれないと推測できます。

なお、link:とlinkdomain:はGoogle.co.jp、Yahoo.co.jpではあまり件数が表示されませんので、yahoo.comで調べたほうが変化がわかりやすいです。

市販されているツールで自動的に計測できます。

この記事を書いた人

毛塚智彦
毛塚智彦代表取締役 社長
1985年生まれ。2007年早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業。
学生時代の2004年にSEOの代理店でテレアポと営業のアルバイトを始めたところからウェブマーケティングの仕事に携わり続ける。
2008年サイトエンジン株式会社を設立。2010年にはタイに関連会社(ユニモン株式会社)を設立。東京とタイとインドネシアで事業を展開。

海外向けのSEO、リスティング広告のディレクション業務を行う。

すぐ実践できる外国人集客のノウハウを無料でお届け

外国人の集客方法やマーケティングで実践したことを参考情報としてメールでお届けします。ブログに書かないノウハウもお届けしていますので、外国人の集客にお悩みなら今すぐご登録ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。